弱視の原因は色々あります

眼鏡やコンタクトレンズなどの、視力矯正の道具を使用しても視力が上がらない目のことを指しています。眼病で矯正視力が上がらない目や、視力の発達が障害されることでおきた低視力も弱視の内に入ります。

網膜にピントが合わず物が明確に細かい物を認識出来なかったり、片方の目の位置が反対側とずれていたり、左右の目の度数それぞれの差が開きすぎたりするなど特徴が見られます。斜視や遠視等が主な原因となっており、その他にも生まれつきで白内障などの眼病を患っていたり、乳幼児期に眼帯を1週間付けたりしても原因になっています。特に屈折異常や不同視タイプの場合は遠視が原因となっており、近くでも遠くでもピントが合わないため、眼鏡をかけないと物を明確に見れないためなりやすいと言われています。近視の場合は、近くの物であればピントが合い、視覚情報を認識できるためなりにくいそうです。

もし、テレビの前で目を細めるもしくは常に頭を傾けて見るなどの仕草を見せたら注意し、片目を隠してカレンダーや時計を見せて異常に気付いたら眼科に行って検査した方が良いでしょう。また、幼児期が目の機能の発達で大切な時期なので、早期発見や早期治療をすれば大抵克服できる可能性があります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL