コンタクトレンズの保管場所について

コンタクトレンズは、眼球に直接装着する事で視力が得られる便利な物です。しかし、レンズの保管をしっかり行っておかないと目のトラブルに繋がってしまいます。安全にコンタクトを使うためにも日頃の保管場所はとても重要です。

未開封のコンタクトでも直射日光に当たると高温状態が続きコンタクト容器の密封性が低下してしまいます。コンタクトにとって悪い影響を受けてしまうため必ず直射日光に当たらない暗所に保管しておく事が必要です。暗所といって冷蔵庫の中で保存するのは間違いであくまで室温で保管する事がポイントとなります。

冷蔵庫に保管してしまうと凍結してしまいレンズ本体の性能が大きく低下する可能性があります。そのため冷蔵庫の中で保管するのは避けて出来るだけ室温で高温環境にならない場所に保管する事が大切です。

コンタクトを付けたり外したりする場所である洗面台の引き出しなどに保管しておくと取り出しやすく装着も便利になります。出来るだけコンタクトを付ける場所の付近の暗所に保管しておくと良いです。

以上、コンタクトは慎重に扱い保管しておく事が必要となります。高温環境に晒されないようにして常温で保存しておけば安心して使用出来ます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL