コンタクトレンズデータの意味を知っておきましょう

コンタクトレンズを使うということは視力に不便を感じているということです。「近視だと思っていたら乱視も指摘された」、「老眼が始まったと思っていたけれど遠視だったらしい」など、検査員に説明されてもピンと来ないこともあります。処方箋やコンタクトの外箱には、アルファベットと「-」や「+」の数字が書かれていますが、これらは理解している方が検査員の話もよく分かりますし、安心です。

まず、近視は遠くがぼやけるため凹レンズで矯正します。近視の反対のようなものが遠視で、網膜を挟んで手前で焦点を結ぶのが近視、後ろ側で焦点を結ぶのが遠視です。遠視は遠くが比較的見やすく手元が見えにくいため、凸レンズで矯正されます。矯正度数(DまたはPWR、SPH)は近視なら「-」が使われ、遠視なら「+」が使われます。BC(ベースカーブ)はレンズの丸み具合で、DIAはレンズの直径のことです。

乱視の場合は本来球体である角膜に歪みが生じている状態で、綺麗なまん丸ではなくラグビーボールのような形になっており、D以外にも角膜の歪みを矯正する度数が必要になります。この乱視度数はCYLやC、CYと表記されており、AXISまたはAXという歪みの角度を矯正するデータも記載されます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL