コンタクトレンズが医療費控除の対象になる場合とは?

医療費控除とは、1年間にかかった医療費の一部を税金から控除する制度のことです。1年間の医療費が合計10万円を超えた場合、10万円を超えた部分が控除の対象になります。メガネやコンタクトレンズの購入費用なども、一定の条件を満たしている場合には医療費控除の対象にすることができます。コンタクトは日常生活で欠かせないものですが、一般的な近視や遠視を矯正しているだけのレンズの購入代は医療費控除の対象になりません。控除が認められるのは、医師による治療を必要とする症状があり既に治療が行われている場合に限られます。

弱視・斜視・白内障・緑内障などの治療や手術後に、眼科医から処方されその指示に従って購入したコンタクトが対象になります。また装着することで角膜の屈折異常を正常化させ、視力を回復させる特殊なコンタクトも控除を受けられます。医療費控除を受けるためには確定申告を行う必要があり、青色申告と白色申告の2種類があります。どちらの方法で申告した場合でも、確定申告書に医師の処方箋とコンタクトの領収書の添付が必要になります。それらに加え会社勤めの人の場合は、事業主から交付される源泉徴収票を確定申告書に添付することも必要になります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL