コンタクトにかかる費用をおさえるには…?

コンタクトレンズは、装用を開始した当初こそ強い不安を感じるものの、慣れてしまえばレンズが曇らず、いつでもクリアな視界が維持される大変快適な視力矯正アイテムです。これまでメガネを使っていたものの、最近になってコンタクトレンズを使うようになったという方もいるのではないでしょうか?

便利な面が多いコンタクトレンズですが、メガネと違い、コンタクトレンズは毎日装用する方ならば約1ヶ月半で新しいものを購入しなければなりません。1回あたりの購入費用はメガネのほうが高額ですが、塵も積もれば山となると言うように、長期に渡って使えば使うほど費用がかさみます。コンタクトレンズを継続して使う方ほど、「少しでも費用を節約したい」と思うことでしょう。

コンタクトレンズの購入費用を抑えたい方は、以下の4つの方法をお試しください。

<セールやクーポンを利用する>

販売店や通販ショップによっては、期間限定セールの開催や初回限定クーポンの配布をしています。全品対象であるケースもあれば対象商品が限られているケースもあるため、必ずしも購入したい製品を安く購入できるわけではありませんが、値引き率が高いセールやクーポンもあるため、積極的に利用することをおすすめします。特に通販ショップは、常にセールを開催していたり、クーポンを用意していたりするので定期的に確認しましょう。

<通販ショップを利用する>

単純な商品価格は実店舗よりも通販ショップのほうが安く設定されています。時期に関わらず費用を抑えたい場合は、まず通販ショップの利用を検討しましょう。通販ショップを利用する際は、送料が必要になる場合がある点にご注意ください。特に、海外通販ショップは送料が高額な傾向があります。

<セット販売を利用する>

通販ショップの中には、同一商品をまとめて販売しているショップがあります。使う製品が決まっている場合は、セット販売を利用することで1箱あたりの購入費用を抑えられます。ただし、コンタクトレンズには使用期限が定められています。期限を過ぎると品質に問題が生じる可能性があるため、セット販売を利用する時は、特に期限に注意を払いましょう。

<コスパの良い商品を購入する>

コンタクトレンズにかかる費用を抑える方法としては、商品価格が安い製品に乗り換えるという方法も挙げられます。しかし、目に直接入れるものであることを考えると、単なる価格の安さを重視するのではなく、コストパフォーマンスに優れた製品を使うことをおすすめします。価格と品質のバランスが良いコンタクトレンズの代表商品は、株式会社パレンテが販売しているWAVEシリーズ https://wavecontact.jp/ です。

以上に挙げた方法は、コンタクトレンズを使っている誰もができる節約方法です。1回あたりの購入金額が大幅に安くなるわけではありませんが、今後コンタクトレンズを使い続けていくことを考えると大きな差になります。まずは自分にできる方法から試してみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL