老眼の人が使える遠近両用コンタクトレンズとは?

老眼とは、加齢によって水晶体のピンと調節がうまくいかなくなって、遠くは良く見えるが近くはピントが合わせづらくなってくる現象です。そんな老眼の人にとって強い味方になるのが遠近両用コンタクトレンズで加入度数と呼ばれるものがはいっており、この加入度数によって、近くのものの見えづらくなっているのを矯正しつつ、遠くにあるものもきれいに見えるように矯正を行います。

近くのものを見るためのものと遠くを見るためのものは違うのです。加入度数とは、この2つの差のことを指しています。使用するレンズは、レンズの場所によって度数を変化させ、同一レンズ内で加入度数を意図的につくるのです。そのため、レンズを使うにあたっては、遠くをみるための度数だけでなく、加入度数もあっているものをつけることが必要になります。そのため、利用を検討するにあたっては、まずは眼科医に行って検査をうけ加入度数があったものを選ぶことが必要です。加入度数が合わないと目が疲れたり、見えづらくなります。適切な加入度数は、年齢とともに変わっていくので補正することが必要になるのです。現在使用している人も定期検診を受け自分にあったレンズを探すことが重要になります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL